不衛生な状態で行った脱毛処理で生じたできものの対処について

脱毛は無駄毛を取り除く行為ですが、肌や脱毛用の道具が不衛生な状態で行うと毛穴に細菌が入り込んで炎症やかぶれなどの疾患が生じることがあります。軽度であれば時間が経つと症状が治まりますが、同じ部位の脱毛処理を何度も繰り返していると肌にダメージが蓄積され、細菌感染の症状が重篤化します。毛穴の炎症による腫れが大きく膨らんでできものが形成されてしまい、痛みや出血を伴うこともあります。できものの内部は膿が溜まっていることが多いので、自分で潰さずに病院で治療を受けるのが肌を傷めずに症状を治めるための対処法です。また、できものが毛穴を塞ぐ形になっているので無駄毛が埋没毛になりやすい問題もあります。埋没毛は毛穴の周囲が黒ずんで見える他、表皮の下を伸びる体毛が神経を刺激して強い痛みをもたらすこともあることから、できものの治療と併せて取り除くことが大切です。埋まった無駄毛を自分で取り除くと傷が残る他、できものが再発する可能性があるので避けます。
脱毛は無駄毛の除去以外に綺麗な肌を維持する目的もあります。そのため、できものの形成を防ぐためには脱毛処理の前に対象部分や道具の汚れを取り除いて、清潔な状態にすることが効果的な対処法です。